こんな方にオススメ!ACマスターカード

アコムマスターカードは、通常のアコムのキャッシングカードにクレジット機能がついたカードです。
キャッシング枠の中で借入が出来る他、クレジットにも枠が設定され、その範囲内でお買い物や公共料金などの支払いに利用出来ます。
もちろんマスターカードですから海外でも利用することが出来ます。

 

こんな方にオススメ!ACマスターカード

■一般的にクレジットカードといえば審査はゆっくり時間がかかりるイメージです。その後カードが郵送で手元に届くまで早くても1週間〜2週間程度かかります。
ACマスターカードは最短即日発行です。

 

おすすめの申し込み方法は?
インターネット(PC/スマホ)で申し込みから審査完了まで、受け取りは無人契約機(むじんくん)でという流れが最短と思われます。
マスタカード発行機のあるむじんくんがお近くにあるのでしたら、是非この手順をおすすめします。

 

■なかなかカードが作れないという方
銀行系や信販系カードの中には、40才くらいで収入や勤続年数など全く問題無くてもクレヒスがまっさら(初めてカードを作る)だと逆に審査に通らなかったりとかすることもあるようです。
アコムは国際ブランドMasterCardのプリンシパルメンバーであり、消費者金融では唯一です。アコムが審査−発行するカードですので、審査基準は銀行系、信販系とは異なることが予想できます。
是非、前者で審査落ちした方もクレジットカードが必要でしたら申し込んでみてはどうでしょうか。

 

アコムマスターカードの評判について

アコムマスターカードについて、ネットなどで口コミを見ると、消費者金融が発行するカードということで、二の足を踏む方が多いとのことですが、これは割と古い(5〜10年前)の記述でしかも実際にカードを作って使用した方の意見ではありません。
私は会計の仕事柄お客様のクレジットカードを精算時にてお預かりしますが、見るのはブランドマーク(マスターとかAMEXとか)のみであり詳しくどこが発行しているカードなのかなど確認しません。
タイトル横にACマスターカードのデザインを掲載していますが、シルバーの方など少し高級感があって良い面構えだと思いますよ。

 

そして、実際の機能についての評価ですが、一番多い不満はやはり強制リボ払いでしょうか。
レジにて一回払いで!と言ってもリボ払いになるということですね。
ただし私から言わせれば、こんなのどうということはありません。なぜならほとんどの方が、アコムのカードの場合返済はATMで行うと思います。
ACマスターカードは20日締めの6日支払いです。つまり6日までにATMに支払いに行くのですが、その時に全額支払いするだけで一括払いになり金利は発生しません。
ATMに行くのが面倒で引き落としにしている方にとっては、やはり少々面倒なことであると思いますが、それ以外の方には問題無いと思います。

 

付帯サービスについて
アコムマスターカードにも複数の付帯サービスがありましたが、残念ながら2013年6月でいくつかのサービスが終了してしまいました。
またポイントプログラムもありませんので、特典目当てというよりも本来のクレジット機能を利用出来れば良いという方向けのカードと言えます。

 

 

総評
特典目的や豊富な付帯サービスは無く、2枚目3枚目のクレジットカードとしてはメリットが少ないですが、やはり作りやすさと即日発行も可能というのは魅力的ですね。
利用の注意点を参照していただいた上で、1枚目のカードとしてクレジットカードを持ちたい方には十分オススメできるクレジットカードだと思います。

ACマスターカード クレジット利用時の注意点

前の項目でも書きましたが、このACマスターカードはリボ払い専用カードなんですね。
お買い物の際に、一回払いで!と言っても支払いはリボ払いになるんです。
そして、リボ払いになるとACマスターカードでは年利14.6%の利息がかかります。
これを利息がかからない1回払いにするには、毎月6日までに提携ATMでショッピングの支払いを選択、全額支払いすることで金利がかかりません。

 

マスターカードの審査に落ちてしまった
キャッシングカードは作れたけど、アコムマスターカードは作れなかったという方も当然いらっしゃいます。
マスターカードの機能をつけることが出来なかった理由は、審査上のことになるので私どもには分からないのですが、顧客の与信額がキャッシングの部分で一杯で、クレジット部分にまで回らなかったというのが、理由なのでしょう。
アコムマスターカードの申し込み手順は、まずキャッシングの申し込みをして審査結果が出てからマスターカードの申し込みをします(担当のオペレーターにマスターカード希望と伝えればOKです)
なので、キャッシングはOKでしたがマスターカードの方は審査落ちするということもあるわけです。
そんなときに、あわてて他のクレジットカードに申し込みをするのは良くありません。
信用情報の中には申し込みした事実も個人信用情報センターに記録されているということで、これが短期間の間に複数あると審査の時点で要注意ということになるわけです。
つまり数打ちゃ当たる!という考えは甘いばかりでなく、自ら信用度を下げてしまう行為であり本末転倒であると言うことです。

 

ここでの正しいクレジットカードの作り方とは、まずアコムのキャッシングは利用出来るようになったわけですから、こちらで借入をして延滞無くきっちり返済して良い履歴を作って行き、改めてマスターカードの申し込みをするという方法をオススメします。
借入をするという行為自体は悪いことでもなんでもないのです。良いクレヒスというのはクレジット会社にとって良い顧客になり得る可能性が高いと判断して貰えるのです。
くれぐれも、遅延などで悪い印(A)or(P)マークをつけないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのクレジットカードで気をつけること

【初めのクレジットカードで気をつけるポイント】
今やクレジットカードは1人に複数枚持っている時代。
その使い勝手の良さとポイントなどで節約ができる特典のため、多くの人が使いこなしています。
しかし、便利なものであっても、何かと問題も多いようです。
初めてクレジットカードを作る際には、その問題点をきちんと理解してから作るようにしましょう。

 

クレジットカードを作る際に必ずあるのが“審査”です。
審査で落ちてしまうと、そのあとカードを作る際に信用が落ちてしまい不利になるので審査基準をしっかりと確認してから申し込みましょう。

 

クレジットカードでよく見かけるのが、「年会費無料」とう文字です。
これは意外と初年度のみと下に小さく書いてある場合があります。
年会費無料という言葉につられて安易に作ってしまっても、翌年度からきちんと年会費が取られるはめになるので、年会費無料にこだわるなら、「永年」という文字を確認するといいと思いますよ。

 

便利なものだからと言って、何でもかんでもカードを作ってしまうのもよくありません。
いくつも持っていても、ポイントは貯まらず、何に使ったのか確認をするのに面倒になります。
一番使いやすいカードに1本化、持ってもサブカード1、2枚程度にして、必要のないカードは作らないようにしましょう。

 

【カードを使い始めたら・・・】
カードが届いたら、最初にやることは裏面の署名欄にサインをすること。
これは不正使用を防ぐためです。
第三者によって不正使用されてしまった場合、署名欄にサインがないと紛失・盗難保障が適用されない場合があるので、必ずサインをしましょう。

 

また、クレジットカードで支払う場合は、リボ払いはなるべく使わないようにしましょう。
リボ払いは金利や手数料がかかってしまったり、返済期間が延びることでいつまでも返済が続いてしまい感覚がマヒしてしまったりするので、リボ払いは“借金”であると思って使用は控えましょう。

 

クレジットカードの問題点を把握してこそ、クレジットカードが使いこなせます。賢く利用して、より生活を便利にさせていきましょう。

クレジットカードの「家族カード」のメリット

【家族カードとは】
クレジットカードには「家族カード」といわれるサービスが存在します。
家族カードにはさまざまなメリットがあるのをご存知ですか?

 

家族カードとはその名の通り、家族が使うことのできるクレジットカードのこと。クレジットカードに申し込むと、その申込み者の家族の分までクレジット会社がカードを発行してくれるというものです。

 

【家族カードのメリット】
家族カードの一番のメリットは年会費がお得になるということです。
元となるクレジットカードの年会費が高い場合でも家族カードの年会費は格安になったり、または無料で作ったりすることができます。

 

また、家族カードはポイントやマイレージが貯まりやすいというのも特徴です。
分散した家族カードの請求は申込み者のカードにまとめて請求されるので、ポイントもその合計額に対してまとめて付与されるのです。
家族全員で同じクレジットカードを使えば、あっという間にポイントは貯まっていくことでしょう。

 

さらに、本カードに国内旅行保険や海外旅行保険などが標準で付いている場合は、家族カードにも保険が付帯しているものがほとんどです。みんなで国内外に旅行する機会が多い人は、家族カードは持っているだけでも万が一の備えになります。

 

家族カードについては、審査がほぼないというのも大きなメリットです。
滅多なことがない限り家族カードは発行できるので、理由があるないにかかわらず無職の方や、特定収入のない祖父母、本来ならクレジットカードを作ることができない人でも家族カードなら持つことが可能です。

 

学生生活を始める子どもや、経済的援助が必要なおじいちゃん・おばあちゃんにも、いざと言う時に頼りになりますので、おすすめです。もちろん、何に使ったのか明細が残り、利用限度額も設定できるので、使い過ぎも防ぐことができ、お金の管理もできますよ。